Works

電気炉を使って作品を制作しています。

ガラス工芸の世界ではキルン(窯)ワークと言います。

キルンワークといってもいろいろな技法がありますが、私自身はパート・ド・ヴェールの技法を中心に制作しています。

 

パート・ド・ヴェールはフランス語でガラスの練り粉という意味で、パウダー状やザラメ状のガラスを使って制作します。

細かいガラスを使うことで気泡が入り不透明のガラスに仕上がります。大きなガラスのかけらを使うと透明感の高いガラスらしい仕上がるので作りたい作品によって使い分けます。

 大きなかけらのガラスを使う技法をキャストは透明感が高く研磨することで光の反射を楽しむことができます。