火の果ぐらすについて

「火の果ぐらす」は芦屋にある小さなガラス工房です

当工房ではキルン(窯)でガラスの作品を制作しています

 


こだわり

キルンワークは制作過程も多く木を育てるようにじっくりと時間をかけて作品づくりをしていきます

 

火の果ぐらすでは果実を実らせるような気持ちでひとつひとつ手間を惜しまず丁寧に制作していくことを大切にしています

 

そうして出来上がったものが手に取る人たちにとって大切なものになってくれたらという想いで作られています


赤ちゃんの足型について

誕生してから赤ちゃんは目まぐるしく成長していきます

生まれたての可愛らしい赤ちゃんのあんよ、そして少し歩き始めた1歳くらいのあんよでは大きさも力強さも全く違います。

 

生まれたての赤ちゃんの愛らしい足型を残すのも素敵ですし、1歳や3歳頃に成長の記念に足型を残すこともオススメです。

 

「火の果ぐらす」の赤ちゃんの足型は赤ちゃんの足跡をそのまんまを残したようなふっくらとした立体感(足型部分は凹んでいますが)そして指紋までくっきりと残すことができます。

 

赤ちゃんの足型は電気炉で焼成してお作りしています

 

文字のロゴや位置などお客様それぞれのご希望をお伺いしながらひとつひとつ丁寧に制作していきます。

 

 

 



キルンワークとは

キルン写真

ガラス工芸は大きくわけてステンドグラス・吹きガラス・バーナーワーク・キルンワークなどのジャンルに分かれています

 

キルンとは英語で「窯」という意味です。キルンワークとは「窯」を使って制作した作品を言います

キルンワークと一言でいってもキャスト(鋳造)、パート・ド・ヴェール、フュージング、スランピング、エナメル絵付けなど数多くの技法があります

 

キャストやパート・ド・ヴェールは粘土や蝋で原形を作ってそれを元に石膏型を取ります。出来上がった型に塊のガラスや粉状のガラスを詰めて窯に入れ800℃〜900℃でガラスを溶かして鋳込みます。窯から出てきたら型を割って中のガラスを取り出して加工をして出来上がります

 

フュージングはガラスとガラスを溶かしてくっつける技法です。スランピングは熱を使ってガラスを曲げてお皿などを作ることができます。エナメル絵付けはガラスの顔料をメディウムで溶いてガラスの器に絵付けして窯で焼き付けをします

 

技法によって温度帯が違うので作家によってそれぞれのプログラムを持っています

キルンワークではその窯のプログラムがとても重要になってきます

 

「火の果ぐらす」の赤ちゃんの足型はキャスト(鋳造)の技法で作られています

         


プロフィール/profile

 

北川 礼子/leico kitagawa

 

 

大学卒業後

富山ガラス研究所(研究科)

卯辰山工芸工房(ガラス工房)

倉敷芸術科学大学(ガラスコース/制作補助員)

大阪市立クラフトパーク(キルンワーク/非常勤講師)

奈良芸術短期大学(クラフトデザインコース・ガラス工房)

火の果ぐらす設立